読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリアについて考える

どーも!ちゃありぃです(^^)

 

ブログを始めて78記事目です。

毎日書いてるのでどのネタを書いたか全部覚えてません…

キャリアの話したことありましたっけ?

まぁ、いいや。今日はキャリアについてです笑。

 

僕は、水曜日はキャリアについてのオムニバス形式の講義を受講しています。

今日は某有名銀行の方が年金についてのお話をしてくれました。

 

年金のシステム自体は面白かったですが、年金なんて何十年後にもらえるという次元の話でその意味では関心が持てませんでしたね…(^^;;

年金について考えるのは面白いですが、それに何時間もつぎ込むのは僕には合ってないと思いました。

 

つまり、年金のような遠い未来の話を仕事としてやるのは僕には合わないということです。

年金を否定してるわけじゃありませんよ!

 

さて、今や人生100年生きることはそれほど驚くべきことじゃないですよね。

 

そんな長い人生の中で大きなウェイトを占めるのが仕事です。

 

当然、いい人生を送るためにはいい仕事をするのが得策です。

じゃあ、いい仕事って何だ?というところから始めましょう。

 

いい仕事とは、言い換えると天職でしょうか。

その仕事をしていて幸せだったらいい仕事、天職と言えます。

 

天職とは別にキャリアという言葉があります。

キャリア選択だとか、キャリアパスとかいうあれですね。

 

仕事というのは大まかに3つに分けられます。

  1. 天職(コーリング)
  2. キャリア
  3. ジョブ

です。

 

ジョブは単なるライスワーク。お金のためだけの作業といったイメージです。

 

いい仕事とはコーリングです。

しかし、多くの人がこのコーリングという概念についてあまり考えてないように思うのは僕だけでしょうか?

 

キャリアの話はよく聞くのに、コーリングについてはあまり聞くことがありません。

 

何も経験がない状態からいきなりコーリングに就くことなんてできないでしょうが、それと同様に、いきなりキャリアにありつくこともできないというのが僕の考えです。

 

始めは与えられた仕事を着々とこなす。

そして、その作業の中から得られるものを自分の血肉とする。

いろんなスキルを身につけると仕事が楽しくなり、コーリングとなる。

という流れです。

 

キャリアとかコーリングとかは仕事の内容に関係ありません。

ITベンチャーでもジョブと思う人はいますし、ビルの清掃会社についてもコーリングと思う人はいます。

 

仕事をキャリアと捉えて成長するだけして転職するのも手です。

 

しかし、コーリングを着地点としなければ永遠に転職を繰り返すことになります。

 

ゴールを捉えてそこから逆算して今の仕事をこなす。

それがいい仕事をすることにつながると考えています。

 

 

 

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

f:id:petitcosmo2:20170517181833p:image