読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宗教と科学

どーも!ちゃありぃです(^^)

 

ヒッチハイカーの人ならわかるかもしれませんが、気のせいか宗教の話になることが多くありませんか??

ヒッチハイカーじゃなくても、駅で宗教のチラシ配ってる人を見かけることはありませんか?

もしくは街でいきなり通りすがりの人に宗教の話をされることはありませんか?

 

日本人は無宗教だという話もありますが、意外なところで宗教が関わっていたりするし、当然ながら信仰を持っている人もいます。

 

僕は変に勧誘されたり、声をかけられたりしたらなんとなく嫌な気がする人もいるかと思います。

僕は、科学で大体の自然現象が説明できてしまう現代に宗教のような非科学的なものがあってもいいのか、とかつて考えていたこともありました。

 

しかし、宗教はどれだけ科学が発展しても必要なものだと思うのです。

 

ちなみに僕はそれほど信仰は深くないし、宗教にハマってるわけでもありません。

ただ、宗教の成り立ちとか、歴史の話には多少なりとも興味はある程度です。

 

昔は、科学がそれほど進んでおらず、自然現象を説明できませんでした。

いつ台風が来るか、旱魃に襲われるか、大雨が降るか、そんなことは一切わかりません。

明日生きていられるかわからない恐怖と常に戦っているのが普通です。

 

そんな恐怖を紛らわすためなのか、人間以上の何者か(=神であったり、キリストであったり、アッラーであったり…)を信仰するようになったと考えられます。

 

昔は宗教は精神的な支えとしてなくてはならないものだったのです。

 

現代では、天気予報はあるし、自身の予報はそこまで進んでいませんが緊急地震速報はあります。旱魃に襲われても海外から食べ物を輸入できます。

宗教なんてもういらないのかもしれないと思う人もいるかもしれません。

 

しかし、僕は宗教というものは本質的には人間の恐怖を埋めるものだと思っています。

自然の恐怖こそ少なくなりましたが、人間関係の恐怖や仕事に対する恐怖はまだまだあります。

明日学校でテストがある子が神様にお祈りをするのは自然な行為だと思います。

 

人間誰しも恐怖はあります。

それを受け入れて、その上でどう対処するか。その選択肢の1つとして、宗教があることに、僕は何の誤りもないと思います。

 

宗教を持てとは言いません。

しかし、まだまだ人間と恐怖を切り離せない中で、宗教という選択肢を完全否定してしまうのはどうかと思います。

 

宗教を完全否定している人でも、何かしらの形で信じているものがあるかもしれません。

職場のデスクの引き出しに娘の写真を入れているのもある種の宗教です。

 

強引な勧誘は気持ちよく思いませんが、自己完結なら宗教でもなんでもあり!

 

それが僕の主張です。

 

 

 

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

f:id:petitcosmo2:20170512130942p:image