読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの悩みは解決します! あなた次第ですが…

どーも!ちゃありぃです(^^)

 

最近は通学の電車で分厚い本を読んでいます。400ページ以上ありますが、今日でやっと300ページほど読み終わりました。

その本とは、D・カーネギーの「道は開ける」です。

 

この本は悩みについて豊富な具体例を混えながらわかりやすく解説してくれています。

 

主にどうやったら悩みを解決できるか、悩まずに済むか、ということについて色々なアプローチを紹介してくれています。

 

ある意味で古典的ですが、内容は現代の人々にも十分通じる、いや、マストな内容だと思います。

 

 

 

今回のテーマはズバリ「悩み」です。

 

皆さんは今悩んでいることはありますか?

勉強やテストのことだったり、友達や恋のこと、体型のこと、仕事のこと、もしかしたら趣味のことで悩んでるかもしれません。

 

人間は悩みの生き物だと言われていて、悩みを解決してもまた別の悩みに冒されるそうです。

 

病気が治ったら今度はもっと健康的に生きたいと思うようになったり、学校のテストで目標点を取れたら今度はもっといい点を取ろうとしたり、そこからまた悩みが生じます。

 

まあ、その悩みが何なのか、どこから来ているのかが自分で理解できていたらいいですが、理解できていなかったらタチが悪いですね。

 

何かに悩んではいるけど、それが何なのかよくわからない。

何となく何かに不満を感じる。

 

そんな不思議な感じ、誰でも一度や二度は経験しているのではないでしょうか?

 

漠然と将来が不安だったり、なんとなく明日が来ないで欲しいと思っていたり…

 

人によってケースは様々でしょうが、共通することは、その悩みを解決したいと思っているであろうこと。そしてその悩みがどうやったら解決できるかわからないでいることでしょう。

 

もしそうじゃないなら、もう既に解決できているか、悩みですらなくなっているかです。

 

本当に解決したいのなら、その悩みがどんなものなのか分析するように努め、その分析を基にして解決法を探るべきでしょう。

そして、自分ではどうにもできないことは忘れるように努めるべきでしょう。

 

人間である限り、悩み続ける運命のようです。

その悩みを消すことが大切なのではなくて、どうやって付き合うかが人生の質に寄与するのではないでしょうか?

 

 

 

僕も明日のブログに何を書くか悩みますが、その悩みを分析し、解決策を探ろうと思います。

 

 

 

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

f:id:petitcosmo2:20170425205623p:image