読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

圧倒的成長って何さ?? 意識高い系の闘い

どーも!ちゃありぃです(^^)

 

去年の話ですが、 圧倒的成長セミナーなるものに参加してきました。

 

内容はというと、どっかの会社の社長さんと将来について語り合おうという少人数制のセミナー。グループワークみたいな感じで大学生数人で社長さんを囲って社長さんからの質問に答えたり考えを話したりする中で将来について考えようというもの。

 

結局インターンシップに参加したら成長できるよ〜みたいなちょっと意味不明な結論になったので、圧倒的成長って何だったのか今でも意味不明です(^^;;

 

 

ま、そんなことは置いといてと。

 

圧倒的成長って言うだけで意識高い系の学生が集まるから、これほど便利な殺し文句はないなと思っている所在であります。

 

殺し文句に殺された意識高い系の大学生が成長とは何か、書いていこうと思います。

 

成長とは何か。

 

 

まず思うに成長には3フェーズあります。

 

1.目的、目標を掲げること

2.現状を知ること

3.現状から目的、目標に向かって行動すること。

 

目的、目標、行動については前回の記事で書いています。

 

petitcosmo2.hatenablog.com

 

この3フェーズの順番も大切ですね。

目標も立てず、現状も知らずにいきなり行動していい結果が得られるわけがありません。

冒頭の某セミナーはいきなりインターンシップに参加するという行動を提案してきたから成長に結びつかなかったというわけですね。

 

それではこの3フェーズを順を追って説明して行きましょう!

 

1.目的、目標を掲げること

成長といっても無限にあります。ピアノで今まで弾けなかった曲を弾けるようになるのも成長だし、サッカーでリフティングの回数が増えるのも成長でしょう。

ただ、それが「意味のある」成長かということが重要です。

極端な話、大学受験で志望校合格のためにサッカーのリフティングがいくら上手くなっても多分意味ないでしょう。

 

目的や目標は現状にとらわれず、本当にそうありたいと思えるものにしましょう。

本当に叶えたいわけでもない目標は達成するにもモチベーションが保てませんし、達成しても嬉しくないですからね。

 

2.現状を知ること

目的や目標を決めた。じゃあそれを達成するためにすぐ行動すればいいというわけでもありません。現状を知らないと、どのような行動をとれば目的や目標に近づくのかわかりません。

 

例えば、プロサッカー選手になるという目的を持ったとします。現状はリフティングが10回くらいしかできないような初心者なのに、いきなりプロ並みの練習をしても効率が悪いししんどいですね。

 

そのために今自分がどんな状態なのか知りましょう。

そしたら現状と目的とのギャップが明確になり、取るべき行動もわかります。

 


3.現状から目的、目標に向かって行動すること。

フェーズ2までが済んでやっと成長するための準備が整いました。ゴールを決め、現場を知り、取るべき行動が決まった。この行動によってゴールに近づくことこそが成長だと思います。

将来やりたいこともわからないのに、がむしゃらにセミナーに行ったり経営者に会いに行ったりしても成長できるわけではないということですね。

 

 

と、いうわけで成長とは、

「現状から目的に向かうこと」

という感じですかね…(^^)

 

毎日成長して行きましょう!

 

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

f:id:petitcosmo2:20170313204237p:image